野菜を多く摂ることで抗酸化物質はたくさん摂取できる

野菜を多く摂ることで抗酸化物質はたくさん摂取できる

いつまでも健康でいたい!

 

その思いは世代を超え、時代も超え、万国共通のものだと思います。
それなのに!
ご自身の生活を振り返ってみると?

 

会社ではノルマ達成のため、キリキリと働かなければならず…
家では子育てや介護に追われて大忙し…
ストレス解消にとレストランに行けば美味しすぎて食べ過ぎ…
休日も疲れを癒すのに精一杯、なかなかカラダを動かす時間が取れず…

 

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

でも、なんとかしたい!
そうお考えの方にオススメしたいのは、「食生活」の改善です。特に、「野菜を意識して食べる」ことをオススメします。

 

最近の研究で、食生活の改善によって、効果的にアンチエイジングできることが明らかになってきました。具体的には、「抗酸化物質を含む野菜を多く摂ること」。こうすることで免疫機能がアップするそう。
参考文献)饗場直美 抗酸化物質と免疫老化の予防
植物は、毎日太陽の強い日差しを浴びています。そのため、日焼けから自身を守る必要があり、たくさんの抗酸化物質をつくって体内に蓄積しています。この抗酸化物質を毎日の食生活で頂いてしまいましょう。

 

抗酸化物質の代表格は、「ポリフェノール」「カロテン」です。これは、カラダの細胞を攻撃して老化させてしまう物質「フリーラジカル」をやっつける働きがあります。カラダの細胞が壊れると、シミたシワの原因になるだけでなく、免疫力が低下したり、ひいては細胞のガン化を引き起こしたりします。野菜には、多くの種類の抗酸化物質が含まれているので、野菜を意識して摂るようにするだけで、アンチエイジングができてしまいます。

 

また、最近カラダの中のタンパク質と糖分が結びつく「糖化」も老化の原因と言われるようになってきました。タンパク質はもともと白色で弾力性のあるものですが、糖化すると、茶色く固く変質してしまいます。
年齢を重ねると、若いときに比べてカラダの柔軟性が失われ、固く縮まってしまうのはいますが、これは、「糖化」が原因だったんですね。
ここでも、野菜が救世主として登場します。抗酸化物質は、この「糖化」の反応を抑える効果を持つことも明らかになっています。野菜の効果、目を見張るものがありますよね。

 

いかがでしたか?
サプリに頼らずとも、野菜を多く摂ることで、抗酸化物質はたくさん摂取できます。お野菜は、経済的にもありがたい存在ですね。どうぞ、毎日の食生活改善のヒントにしてみてください。