食事からの栄養が美しい肌の材料になる

食事からの栄養が美しい肌の材料になる

老化防止はスキンケアも大切ですが、食事からの栄養が美しい肌の材料になります。

 

取り入れてもらいたい成分が、抗酸化力がある食品です。
肌の血行をよくして、冷えを改善することも大切です。

 

活性酸素を撃退

 

活性酸素が増えすぎると、肌の細胞を傷つけてしみやしわの原因になります。
活性酸素を除去してくれる働きがあるのが、抗酸化力です。
体の中には、食事でとりいれることができます。

 

抗酸化作用がある成分は、ビタミン類でAとCとEが代表的です。
ビタミンAは、にんじんやほうれんそうなど色の濃い野菜に含まれていて油と一緒に取ると吸収率がアップします。
ビタミンCは、美白や肌にうるおいを保つ働きがあるコラーゲンの生成を助ける作用があります。
果物に多く含まれますが、摂りすぎると糖分の過剰摂取になるので野菜をたっぷりとることが必要です。
熱に弱いので、ブロッコリーやカリフラワーは、蒸して使うと栄養成分を逃がしません。
ビタミンEは、アボカド、アーモンド、かぼちゃに多く含まれています。

 

天然のカロテノイドも、注目されています。
野菜だけでなく鮭やえびの赤い部分、アスタキサンチンやトマトのリコピンなどが有名です。

 

○温野菜で

 

コンビニで野菜というと、サラダを買う人が多いのですがビタミンの量が少ないです。
かぼちゃ、にんじん、ほうれんそうなど温野菜にすると、体も冷やしません。

 

○たんぱく質
炭水化物中心の生活を変えて、野菜と肉や魚のようなたんぱく質食品を必ずとりましょう。
ダイエット中は、お肉を避ける人もいますが鳥のむね肉なら低カロリーで脂肪が少ないです。
豆腐や納豆も女性ホルモンのバランスを整えてくれる、インフラボンが入っています。
皮膚はたんぱく質でできているので、不足するとカサカサしたりつやがなくなったりします。

 

○ドリンクも

 

水分補給は、冷たいドリンクではなく温かいものを選びましょう。
ハーブティーや、そば茶、ウーロン茶が体を冷やしません。
カフェインの取りすぎや、糖分が多いジュースは体を冷やすので注意しましょう。