乾燥肌だからこそできてしまうニキビもある、防ぐ方法も

乾燥肌だからこそできてしまうニキビもある、防ぐ方法も

ニキビ、というと脂性の方を想像しがちですが、乾燥肌の人だからといってニキビができないわけではありません。

 

むしろ乾燥肌だからこそできてしまうニキビもあるのです。そんな乾燥ニキビについて調べてみました。

 

乾燥ニキビができてしまう原因とは

 

乾燥肌の方は角質層の水分が不足しています。水分が不足しているからこそ肌の表面がゴワゴワ、カサカサして厚くなってしまっていることが多いのです。つまりは「毛穴が詰まりやすい」状態なんですね。ニキビの原因は毛穴が詰まってしまうことにあるので、乾燥肌の方はニキビができやすいんです。

 

そして、肌が乾燥すると私たちの身体は「肌を守ろう」とする力が働くため、皮脂を過剰に分泌してしまいます。皮脂の分泌が増えた結果毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができてしまうのです。
洗顔後、鼻やおでこはものすごくテカるのに目元や頬はカサつく…そんな風に感じている方は肌が乾燥しているサインかもしれません。中には乾燥に気付かず、テカるから、といって「自分は脂性肌なんだ」と誤解している方も。一度ケアを見直してみましょう。

 

乾燥ニキビを防ぐ方法とは

 

乾燥ニキビを防ぎたいならば、肌の乾燥をなおさなければなりません。ニキビができたらから、といって脂を根こそぎ取るようなスキンケアは乾燥ニキビの場合は絶対NGなんです。むしろニキビが増えてしまいます。つまり、洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ洗って、さっぱりめの化粧水をつけ、その後なにもつけない…そういうケアをしてもニキビはおさまりません。肌がゴワゴワしているから、といってピーリングなどで無理やりはがすのも肌に大きなダメージを与えてしまいます。無理なピーリングや洗顔は肌をボロボロにし、肌老化を早めてしまうのです。

 

「やさしい洗顔」「とにかく保湿」「油分できちんと蓋をする」などというような、どちらかというと消極的とも思えるようなケアを行ったほうが◎です。

 

乾燥ニキビは、乾燥肌をなおさない限りはなおることはありません。つまり乾燥をなおせばニキビを改善できるんです。自分の肌の状態をきちんと知り、適切なケアをする…それが一番大切なんです。